寄り添ってくれた幼稚園の先生

私は、幼いころから恥ずかしがりやで内弁慶で、初めての場所や人が苦手でした。ここでエレメンタリースクールなら神戸ではほんの少し幼稚園の時も、登園の時にいつも泣いて、母親を困らせていました。最初は友達と遊ぶのが苦手で、一人で動物と遊んだり、絵を描いたりしていました。でも一人の私をほっておくこともなく、無理やり遊ばせるわけでもなく、そんな私のそばに、幼稚園の先生がいつもいてくれて嬉しかったのを覚えています。そして、友達の輪に飛び込んでいくのが苦手な私に対して、いつも先生が手をつないで、一緒に友達の中に入って行ってくれました。そのおかげで徐々に他の友達と遊ぶことができるようになりました。また、私は絵を描くことが好きでした。太い筆に絵具を付けて、画用紙いっぱいに絵をかいていました。絵の具が飛び散ったり、画用紙からはみ出たりしても怒らず、画用紙をいつも付け足してくれるほどでした。そのおかげで、幼稚園でのお絵かきの時間がとても楽しく、私が描いた絵はいつも元気いっぱいでした。自分でもお気に入りの絵をいつも先生がほめてくれたことがとてもうれしかったです。そのおかげで、絵を描くことが、幼稚園楽しかったこと、滋賀でおすすめの根管治療専門医なんてのはどうに頑張ったこととして記憶に残っていて、今でも趣味で絵をかいています。私の性格や特性を見て寄り添ってくれたことがうれしく思います。

保育園での先生に囲まれて嬉しかった内容について

私が、保育園の時に先生に囲まれて嬉しかった内容としましては、もうエレメンタリースクールから神戸ではとってもいつも母親が迎えにくるまでに、いつも一緒に歌を歌いながら待ってくれてくれる先生が大好きでありました。いつも母親が迎えにくるまでに、一緒に片時も離れずに待ってくれてくれたことにつきまして、非常に親近感を覚えることができました。また、それだけではなくて、お誕生日の時には、みんなでお誕生日会をしてくれるものでありましたので、神戸といえばホームページ制作の準備にとてもといえお誕生日会の時には、楽しい歌でみんなで一緒に歌を歌うことが最高であるとおもいました。やはり、第二の母親代わりみたいなもので、いつも側にいてくれたことが私に取って救いであるとおもいました。また、昔ながらの遊びを教えてくれた先生についてもスゴいとおもいました。みんなで遊べるように優しく、掛け声を出しながら、遊ぶことができたことも思い出でありました。それだけではなくて、私の地域では遠足につきまして、長い町内のルートをかなり歩くのですが、神戸でのインターナショナルスクールなんかは一日かけて歩いた際に、休憩を取る時や、車が来た時に先生が一番外側になって守ってくれることも非常に良かったと思えました。第二の家であると同時に、家に近い空間で育てて頂けたことに非常に感謝しております。

先生のお遊戯会

娘が保育園に通っていた頃のお遊戯会の日の話です。その神戸でインターナショナルスクールといってもみんなで披露するのはピーターパンの劇でした。みんなが先生たちと手作りした、役に合わせた衣装をまといステージに並んで出てきました。先生がマイクを差し出していき、園児が一言ずつ簡単なセリフを言っていくというスタイルで練習を重ねてきた日々でした。ところが最初の一人が、観覧する人々の圧なのか緊張で固まってしまい、セリフが一向に出てきません。そこで、どこから人気の保育園を奈良の大和高田にはもうタイムアップと判断した先生がその子の代わりにセリフをマイクで読み上げました。少し高めの声で。ここから先生の地獄のスタート。次に続くはずだった子供たちが、練習のセリフは先生が言ってくれると思ったのか、みんな黙りこくってしまったのです。中には先生に「こう言うんだよ」と耳打ちしてくれている子も。先生はみんなのセリフを声色を変えながら、結局全員分言ってくれました。観客席からは恥ずかしそうにステージを去る先生に向けて、大拍手が起きました。
先日、神戸ではインターナショナルスクールをといっても小学生になった娘と当時の写真を見返していました。娘は先生のことをなんとなくしか覚えていませんでしたが、大好きだったことは覚えている、と。保育士さんのことって、小学生にもなると忘れてしまう子が多いですが、包まれた優しさはなんとなくじんわりと心が覚えている気がします。第2のお母さんとして、子供たちの一生に関わっていると思います。話題では奈良が保育園のことを考えるとどんなにもう一度会えるのなら、心からありがとうと伝えたいです。

卒園生として初めて先生に会いに行った息子

私には息子が2人おり、どんなバイリンガルスクールでは神戸のどこから3歳差で入れ違いとはなりましたが、2人とも同じ幼稚園にお世話になっておりました。そんな中で、長男が初めて卒園生としての立場で弟を迎えに行った時の先生の反応が印象的でした。元々長男は人見知りで、担任の先生にすら慣れるのに時間がかかる子でしたが、もう奈良で口コミをする保育園はどうしてかはそんな中でも唯一すぐに懐いたS先生がいました。S先生は担任などを持たない、いわゆる「補助」の先生でしたが、その分クラス関係なく3年間を通して何度となく顔を合わせては、園内での長男の様子を教えてくれていました。次男が入園してからも、園児のお迎え時の引渡し担当として週数回顔を合わせては「〇〇君に似てて可愛い」と次男の様子を教えてくれる先生で、保育園をこの奈良で見つけるのは大和高田からでも次男も懐いている様子でした。そうして新生活にも慣れた5月の頭、長男が弟のお迎えに同行したい、と言い出して連れて行ったのですが、その日も引渡し担当はS先生で、車内からちらりと見えた姿に長男も「S先生だ!」と大喜びしており、これだけ喜ぶのならもっと早く連れてくれば良かった、と思いながら頬を緩めていました。車内から降りると、どの姫路のおすすめ根管治療専門医ならどこから今度はS先生が長男に気付いてくれて、引渡しの挨拶後「小学校はどう?」「またカエル捕まえてる?」「図工の授業とか楽しいでしょ?工作好きだもんね」と長男の事をよく覚えていてくれてるからこその声掛けをして頂きました。S先生の言葉に明るくハキハキと答える長男の様子も、それを聞いて話題に入りたがる次男の様子も、もう神戸でインターナショナルスクールをここからこの先生が受け止めてくれるお陰なんだと感じ、とても嬉しかった出来事です。

幼稚園の先生とのけんか

娘が年長さんのとき、こんなに神戸でインターナショナルスクールを見ると先生とけんかしたと家に帰ってきた。なにかと気持ちの切り替えがうまくない娘なのでつい先生に「せんせいなんてだいきらい!」とあたってしまったようでした。翌日先生に自分から「昨日はせんせいごめんなさい」と伝え先生も「いいよ」といってくれたと喜んでいたけれど、それから何かある度に先生に「だいきらい!」と言ったことを後悔していました。気持ちがわかるようになったんだなぁと成長を喜び同じ目線でけんかしてくれた先生には感謝しました。もう多くのエレメンタリースクールの中で神戸からお迎えのときに先生に話を伺ってみると、ゲラゲラ笑いながらそのときの事を教えてくださいました。「私こそ、同じ様な感じで対抗しちゃいました」と。卒園した今も、先生とはまるでお友達のように話をします。相手がどう思うのかを先生が行動で教えていただくことができたおかげで、娘が人に「○○ちゃんなんてだいきらい」ということはなくなりました。たった3年間の幼稚園生活ですが、3才、4才、5才の気持ちの芽生えは大切な時期でそこを担う幼稚園の先生には頭が下がります。小学校にあがったら先生とのかかわりはとても少なく、口コミで評判クリニックを探せるメディカルゲートの幼稚園の先生がいかにかかわりが深く子育ての相談相手だったんだなぁと懐かしく、母として子供と同じ目線でいようと心がけています。

息子の大きな成長

私の息子は保育園を2歳のとき入園しました。バイリンガルスクールでは神戸のどこにでもあれば当時の息子は、人前で恥ずかしがりやな性格で、みんなとあせた行動が苦手でした。親としては、保育園に慣れたり、年齢が上がれば成長するだろうと楽観的に考えていました。しかし、1年後、運動会ではダンスはおどらなず、隣のお友達にいたずらをする。かけっこでは笛が鳴っても走らない。参観日では、ひとりだけ立ち上がるなど、目に余る態度なため、親としてはとても子育てに悩んだ時期でした。そんな時に入園後から同じ教室で息子を見てくだった先生に相談しすると、その先生は、私に息子さんは母親がいるから注目してもらいたくてしているだけで、いつもはしっかりしているよ。羽目を外すことはあるけど、そんなときは話をちゃんと聞くと本人なりの考えがあっての行動をしいるよ。と教えてくださいました。その話を初めて聞いたときは、正直、本当に?という思いがあり、すぐ受け入れることができませんでした。それから、1年後、相談した先生が3年連続で息子をみてくださることになりました。すると、入園3年目には、運動会でも、人前でも、みんなに合わせた行動をすることができ、また、学習発表会では、主人公という大役をもらい、しっかりとセリフをいうことができました。さらに、息子が通った保育園では年中から鼓笛隊をしており、自分のパートをしっかりと成し遂げる姿もみることができました。息子はその先生が保育園の先生の中で一番好きな先生で、よく慕っていました。心から信頼できる先生がいつも息子を見守ってくださったおかげで、和歌山の痛みを抑えた胃カメラ検査でさがすことからは息子は心も体も大きく成長することができたと思います。今はその先生は転勤されたので、今は通っている園では会えませんが、本当に感謝しています。

幼稚園の先生と折り紙の思い出

幼稚園での思い出と言いますのでやはり私としては折り紙です。少しでもホームページ制作を頼むと神戸からは幼稚園の先生と色々と折り紙をしたという思い出があります。それですと別になんてことないの思い出になるんでしょうが、当時オリジナルの折り紙みたいのを作ってコンテストに出すみたいなことをやることになったのですが、採用できる保育士さんは奈良の大和高田からではそのために色々とがんばった思い出があるんです。残念ながら別にコンテストで入賞したとかそういうことが思い出になったわけではないのですがそれでもそのために一生懸命頑張って折り紙をやっていた、というのがとても覚えていることになります。そんなバイリンガルスクールが神戸の中からで オリジナルのと言ってもいきなり作ろうと思っても思い浮かぶようなものでもありませんので、すでにあるものを本を見ながら色々とやってみる、ということをよくやってました。そう思ったので先生に相談したら先生が本を貸してくれたというのを覚えています。それも別に幼稚園の中にそういう本があったというわけではなかったみたいなので図書館からわざわざ借りてきて私に幼稚園の中でではありますが見せてもらう、ということをしてくれたのを覚えています。それ以来、姫路で痛みが少ない胃カメラ検査を実施できるのは少し折り紙に嵌ったことがありまして、今でも色々と作れるのでよい思い出でした。

幼稚園の先生からもらった手紙

娘は幼稚園の先生が大好きで年少の頃から好きな絵と自分の名前を書いた手紙を渡していました。ここでエレメンタリースクールなら神戸からも先生に渡すといつも目の前で見て感想をくださり、ぎゅっと抱きしめてくれるようで娘はそれが嬉しくて毎日のように書いていました。先生とのタイミングが合わず、渡せなかった日にはとても悲しそうに帰ってきて「今日は先生なんだか忙しそうだった」と落ち込むほどでした。ある日、先生からお手紙もらった!と嬉しそうに帰ってきました。保育園を奈良で見つけるのは大和高田からでも 内容は「いつもお手紙ありがとう。素敵な絵をありがとう。先生とっても嬉しいよ。」といった内容でした。その日は一日中、その手紙を握りしめていました。そして私もお手紙に文字を書きたいと思ったようで、メディカルゲートで見つけるクリニックといえるのはまずは先生の名前、次に「だいすき」「またあそぼうね」「今日は◯◯したよ」といった文章までどんどん覚えていきました。先生が好きなキャラクターの名前を書きたいと言い、カタカナまで覚えました。そして1年が経ち、修了式の日。こんなに評判の保育園は奈良でもはといえる先生と少しだけ話せる時間があり、「毎日のようにお手紙を褒めてくださり、ありがとうございました。」と伝えると「私もとても嬉しかったし、◯◯ちゃんの成長が目に見えてわかって毎回楽しみでした。」と話してくださいました。そして今までの手紙はすべて取ってあるとおっしゃっていました。しっかりした紙ではなく、くしゃくしゃにした折り紙に書いた手紙や消しゴムで消すときに破れてしまった手紙もありましたが、この神戸のインターナショナルスクールといえるそれを取っておいてくださってるとは思いませんでした。1年間、子どもの成長を一緒に見守っていてくれていたんだととても嬉しくなりました。

幼稚園の先生が隣に座ってくれただけで嬉しい気持ち

通常、園でのお昼ご飯は各自の机でナフキンを敷いて給食をみんなで食べます。先生も自分の机で「いただきます」をしてスタートです。ある日、芦屋でおすすめの歯医者が特徴別でいえるのは本当は遠足の日でしたが雨で予定が無しになってしまいました。それなので、その日の園でのお昼ご飯は自分が持ってきたレジャーシートを教室の床に敷いて、その上でお母さんが作ってくれたお弁当を食べることになりました。今回は先生もその中に混じります。私は先生がとても好きだったので、「私の横に来てお弁当食べてくれないかな?」と内心期待をしていました。その時に先生が「どこに入れてもらおうかな~」とご飯を食べる場所を探していました。でも照れ屋だった私は「先生!ここで食べて!」と言えませんでした。しかし、その時です。神戸もインターナショナルスクールと呼べるところで先生が「あ!〇〇ちゃんのレジャーシート大きいから先生もそこに入れて!」と言って、私の真横で先生がお弁当を一緒に食べてくれることになり、まさに「天にも昇る気持ち」でした。また、「〇〇ちゃんのお弁当かわいいね」と褒めてくれました。嬉しくて嬉しくていつもご飯を食べるのが遅い私でしたが、その日は上手に早く食べられました。あの日のレジャーシートの洋ナシの模様や大きさは、何十年経った今も覚えています。あの日の喜びもつい先日のように思い出されます。先生の笑顔も鮮明です。嬉しさだけでなく、先生の偉大さと影響力、幼児はささいなことにも大きな喜びを感じるのだなと思う出来事になりました。

保育園に通っていた時に好きだった先生

保育園に通っていた時のことで覚えているのは、ある先生のことです。根管治療でおススメの歯科医院が多いのはその先生は自分にとって、初恋の人だといっても過言ではなく、心の底から将来結婚したい!なんて思っていました(笑)。どうしてあんなに、あの先生のことが好きだったのかは、自分でもわかりませんが、とにかくそういう気持ちがあったのだけは鮮明に覚えています。ただ、小学生になると、もうその先生のことは忘れてしまっていました。顔も全く思い出せませんし、思い出そうということもなくなりました。ここにバイリンガルスクールが神戸の中にあると小学校に上がれば、好きな子もできるし、いろんな先生にも出会うし、友人関係も広がるし、とにかく先生のことは、いつのまにか完全に頭から抜け出てしまっていたのです。さて、そんななか、中学生になったある日のことです。母親との会話の中で、先ほどの先生のことが出てきました。なにやら、結婚するとかしないとかで・・。で、なんとなく、自分が好きだった先生がどんな人物だったのかを見てみたい、と思うようになり、当時のアルバムを引っ張り出してきたのですが・・。びっくりするくらいキレイな人でした。それは今見ても、全く同じで、女性の好みってこんなに早く出来上がるんだな、なんて妙に納得している自分がいました。だから、なんだと言われればそれまでですが。