幼稚園で娘や私を受け入れてくれた先生

私の娘は公立の幼稚園に通いました。上の子供の時にとても良い環境だと感じたからですが、定員が少ないため、こんなバイリンガルスクールが神戸の中に何回から2年間通園するには抽選で権利を得なければなりませんでした。上の子は2年通うことが出来ましたが、娘は初回の抽選で外れてしまい、私立の幼稚園も考えましたが1年間待つことにして在宅で過ごしました。私としては娘がお友達を作る機会を奪っているのではないかとの悩みもありながらの待期期間でした。次は入園することが出来、小学校までの1年間幼稚園生活を送ることになりました。娘は緊張しやすい性格で、初めての幼稚園しかも周りは2年目になる園児も多い中で、はじめは不安げな登園でした。その幼稚園は毎日保護者が送って子供を先生に直接預ける決まりですが、毎朝担任の先生が「おはよう!」と言ってハグして迎えてくれました。私も娘もそれで緊張がほぐれました。また、帰りも同じように「また明日ね!」と言って一人一人をぎゅっとハグしてくれたので、根管治療でおススメの歯科医院が満載だといっても「先生、大好き。また明日。」とニコニコと帰ることが出来ました。たくさんの園児たちを相手にしながら、一人一人に、保護者にまで気を配ってくれる先生でした。私は上の子供の小学校でPTA役員をしていて、人間関係が辛かったり活動の影響で幼稚園のお迎えに間に合わなかったりとご迷惑もかけて悩みもしていました。でもそんな中先生はお迎えが来ない娘を職員室で預かり、私にも優しく声掛けをしてくれました。1年間という期間でしたが、やっぱりこの幼稚園に行って良かった、この先生に会えて良かったと今でも嬉しく思っています。