幼稚園の先生からもらった手紙

娘は幼稚園の先生が大好きで年少の頃から好きな絵と自分の名前を書いた手紙を渡していました。ここでエレメンタリースクールなら神戸からも先生に渡すといつも目の前で見て感想をくださり、ぎゅっと抱きしめてくれるようで娘はそれが嬉しくて毎日のように書いていました。先生とのタイミングが合わず、渡せなかった日にはとても悲しそうに帰ってきて「今日は先生なんだか忙しそうだった」と落ち込むほどでした。ある日、先生からお手紙もらった!と嬉しそうに帰ってきました。保育園を奈良で見つけるのは大和高田からでも 内容は「いつもお手紙ありがとう。素敵な絵をありがとう。先生とっても嬉しいよ。」といった内容でした。その日は一日中、その手紙を握りしめていました。そして私もお手紙に文字を書きたいと思ったようで、メディカルゲートで見つけるクリニックといえるのはまずは先生の名前、次に「だいすき」「またあそぼうね」「今日は◯◯したよ」といった文章までどんどん覚えていきました。先生が好きなキャラクターの名前を書きたいと言い、カタカナまで覚えました。そして1年が経ち、修了式の日。こんなに評判の保育園は奈良でもはといえる先生と少しだけ話せる時間があり、「毎日のようにお手紙を褒めてくださり、ありがとうございました。」と伝えると「私もとても嬉しかったし、◯◯ちゃんの成長が目に見えてわかって毎回楽しみでした。」と話してくださいました。そして今までの手紙はすべて取ってあるとおっしゃっていました。しっかりした紙ではなく、くしゃくしゃにした折り紙に書いた手紙や消しゴムで消すときに破れてしまった手紙もありましたが、この神戸のインターナショナルスクールといえるそれを取っておいてくださってるとは思いませんでした。1年間、子どもの成長を一緒に見守っていてくれていたんだととても嬉しくなりました。