先生が手作りダンボールギターで弾き語りライブ!?

息子のクラスには明るくて元気のいい先生がいました。求人の保育士は奈良から大和高田で見つけるには先生から「息子くんは、教室にあるダンボールで作ったギターがお気に入りでよく弾くマネをして遊んでいます。」と聞きました。それを聞いた大工の主人がお休みの日に、家でもダンボールで手作りギターを作ってあげました。職人なので、細部までこだわりかなりのクオリティーに仕上がりました。話題では奈良が保育園のことを調べると家でも作ったんだよと息子から聞いた先生がお迎えの際、「見たい!ぜひ園に持ってきて!」とおっしゃったので次の日に持っていくと、「こんなに素敵なギターをお父さんが作ってくれたなんて、エレメンタリースクールなら神戸でもこんなにすごい!感動したぁ!」とそれを持って弾き語りしながら息子を引き連れて各教室を周り、最後には園長室に入っていって、「〇〇くんのお父さんが作ったギターです、素敵でしょー!お父さんは大工さんです」と紹介してくれたのです。先生の勢いに圧倒され、ついて回るので精一杯だった私たち親子。神戸にはインターナショナルスクールなんていつかは恥ずかしがり屋の息子は少し照れ臭そうでしたが、とても嬉しかったと思います。仕事から帰ってきた主人に様子を伝えると、「その先生、サイコーだな!そういう人好きだなー」ととても嬉しそうでした。お父さんの手作りギター、大きくなっても覚えていてくれるかな?先生のおかげで忘れられない思い出になりました。