風邪をよくひく私のためにおかずを作ってくれた幼稚園の先生

幼稚園の女先生は少し年配の方でした。40代後半の先生はとても気さくで、温厚な人でした。話しやすく、相談にもよくのってくれます。ここでエレメンタリースクールなら神戸ではきっと私は子供のとき、よく風邪をひいていたのですが、いつも顔色が悪く、貧弱な体つきでした。そんな私を気にかけてくれる先生がとても好きでした。くらっと倒れそうになったときは、先生がおぶって保健室に連れて行ってくれるのです。あのとき、先生がいなければ、奈良の大和高田でも保育士を求めるにはどうしてもこんな風邪ばかりひいている自分が幼稚園に行きたいなと思えなかったです。そんな幼稚園の先生は、お弁当の時間になるといつも私の隣に座ってくれました。私がいつ喘息の発作がでないか見守ってくれていたのです。それに、おかずが少なかった私のために、からあげや卵焼きを作り、くれたのです。「いっぱい食べて、大きくなろうね」と。わざわざ私のためにおかずを作り、幼稚園に持って来てくれる先生はいつも忙しそうでした。なのに、芦屋でおすすめの歯医者が特徴別でいうともそんな忙しい合間をぬって、私のためにおかずを作ってきてくれるのですから、本当に嬉しいと感じました。ある日、先生は門の前で私を待って行てくれました。「どう?調子は」と気遣ってくれただけではなく、人気の奈良でも、この保育園はどこでもというわけには徒歩でわざわざ私の家まで送ってくれたのです。本当にあの先生がいてくれたおかげで、幼稚園を無事、卒業できたと思います。