どうしたら飲めるかな?保育園の先生の工夫

私の保育園での小さな小さな嬉しかったことを思い出しながら、お話したいと思います。こんなに奈良で大和高田の保育士を求人でもとは私は保育園が大好きで毎日朝が来るのが楽しみで仕方ありませんでした。お友達や先生と遊んだり、歌を歌ったり、体操したりすることが大好きでした。しかし、そんな保育園生活で苦手な時間がたった一つだけあったのです。それは、おやつの時間です。「えっ、おやつの時間?」と疑問に思われる方が多いことでしょう。だけど、こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこに本当です。なぜなら、私は毎日のおやつの時間に必ず出されるスキムミルクが大の苦手だったからです。あの独特の匂いや味がどうしても好きになれなかったのです。胃カメラ検査で痛みが少ないクリニックはもうそれは大人になった今でも変わりません。毎日毎日頑としてスキムミルクを飲もうとしない私にある日、先生が魔法をかけてくれたのです。それは、どんな魔法だったかと言うと、先生が飲むために準備していた紅茶を少しだけスキムミルクに混ぜてくれたのです。試しに飲んでみると、あら不思議あの匂いや味が気になりませんでした。メディカルゲートがおすすめするクリニックとは先生はニコッと微笑んで頭を撫でてくれたことを今でも覚えています。もちろん、私にだけ特別だったわけではなく、他にも苦手な子がいましたから、その子たちにも同じように混ぜてあげていました。今考えると、先生の紅茶は半分くらいの量になっていたのではないかと思います。子どもを奈良の保育園に口コミで入れるにはとも先生の工夫と優しさを私は今でも懐かしく思い出します。だって、苦手な時間を楽しい時間に変えてくれたのですから。