保育園の先生の優しさ

私は保育園が好きではありませんでした。当時人見知りも凄く、なにより母と離れたくなくて毎日泣いていました。本当に毎日号泣。朝から帰るまで泣き通していた日もたくさんありました。そんな泣き虫な私を先生達は、人気の保育園を奈良の大和高田でもいつも優しく見守って下さいました。遊ぶ時間に泣いていて遊べないとどうしたの?と優しく声をかけてくださり、なかなか迎えが来なくて泣いていると大丈夫だよ、一緒に遊んで待ってようと言ってお迎えが来るまで付き合ってくださいました。口コミで奈良の保育園を抑えると卒園する時にもらったお手紙には、泣き虫さんが笑顔になってくれると嬉しかったです。これからも優しい子でいてくださいと書いてあり、とても嬉しかった記憶があります。時がたって中学生の時に職場体験で、自分が通っていた保育園に行く事になりました。当時泣き虫だった私の相手をしてくださっていた先生が、職場体験の時の担任クラスの先生でした。もう忘れられているかと思いましたが、あった瞬間に◯◯ちゃん?と声をかけてきてくださいました。覚えていてくださってとても嬉しかったです。2日間職場体験を無事にこなし最後にご挨拶に伺うと、あんなに泣き虫だったのに立派にお仕事してる姿を見て感動した。ちゃんと優しい子のまま育ってくれて、あの手紙を書いてよかった。と涙ぐんでいました。何年も前の何十人もいるクラスの1人だった私の事をそこまで覚えていてくれて、こんなに感動してくれて、私まで涙ぐんでしまいました。こんなにいい先生に出会えた事とても嬉しく思いました。

初恋は幼稚園の先生で

年中組の先生はいつも朝会では園児たちをテキパキと整列させて、ピアノを弾くようなサババサしたタイプで、特別好きとかそういう気持ちはありませんでした。奈良の大和高田で求人の保育士はそんな普通の幼稚園時代を送っていましたが、年長組に上がった時に出会った担任の先生には、今思えば初恋に近い好意を抱いていました。決して頼りないわけではありませんが、これからは奈良から話題の保育園を見た目はおっとりしていそうな感じで、今思い返すと特別美人というわけではありませんが、かわいいルックスだったと思います。不思議と当時の自分は年中の時の担任の先生と年長の担任の先生が並んだ時に、一目散に年長の先生に飛び込んでいた記憶があります。いつも包容力があり、他の園児からも人気の先生でした。年中時代はいつもいじめられていて、友達もできないまぁまぁきつい日々を当たり前のように過ごしていました。年長に上がってからは転園してきた友達と毎日遊び、幼稚園に行けば好きな先生にひらがなや音楽を教わって鍵盤ハーモニカを練習する毎日。恋愛感情に自覚していなかったので本当に疎かったのですが、当時なりに自分のことを好いてくれる女子も居たので案外充実していました。いつ知ったのかは憶えていませんが、卒園してから間もなく、初恋の先生は結婚して円満退職されたそうです。きっと何処かで幸せな日々を送っている事を願っています。

私を認めてくれた幼稚園の先生の話

幼稚園児の私は、在籍している幼稚園の先生方から「人と同じ行動のできない子ども」として目をつけられていました。きっかけは家族の絵の描き方でした。保育園を奈良で見つけるのは大和高田で私が在籍していた幼稚園では、人の絵を描くときは黒のクレヨンで顔や体のパーツの輪郭を描いてから、肌色のクレヨンで色づけするように教えられていました。この保育園が奈良では話題とクラスの子ども達は私を除き、この教えに従って絵を描きました。しかし私は先生の教えに従わず、輪郭を描かずに肌色のクレヨンだけで人の体を描きました。実際の人の体には黒の輪郭はないと考えたからです。当時の担当教諭にはこの行動を反抗と受け取られてしまい、とても(声をあげて泣いてしまう程)怒られました。その日から、その先生はことあるごとに私を叱るようになりました。お弁当の食べ方、クラスメイトと並んで行動するときの小さな振る舞い等々、クラスメイトと少しでも違う行動を取れば叱られました。そういうわけで、私は幼稚園の先生達から「人と同じことができない子ども」として幼稚園の先生方に目をつけられることになりました。一方で私も、先生に怒られることが嫌になり、教室からの脱走するようになりました。幼稚園の先生方に見つからないように隠れる生活。それは衝動的な行動でしばらくなると、独りぼっちが寂しくなります。だけど、そういうときに必ず一人の女性の先生が私を見つけてくれました。フワフワした髪が印象的で、私を見つけると「見つけた!」と笑顔で私を抱きしめてくれました。すると寂しさで冷たくなった心がフワフワした綿に包まれたように暖かくなり、私を笑顔にさせてくれるのです。そしてこのフワフワ先生は私を抱きしめた後は、私の話を聞いてくれるのでした。私が黒のクレヨンを使わない話をしたときも、先生は怒らず笑顔で話を聞いてくれました。そして先生は「よく考えたね・がんばったね」と私が人と違うことをしても、いつも笑顔で認めてくれました。その上で、「こういうやり方があるの、それを一緒にやってみよ」と教えてくれるので、私は先生の教えてくれたことはすんなりと受け入れることができました。そして気がつくと私は皆と違う考え方を持ちながらも、皆と同じ行動ができるようになりました。そして幼稚園から卒業し、小学校に入学してからは、友達ができ、一緒に遊んだり、習い事をしたり、勉強したりするようになりました。そしてその友達とは現在も幼なじみとして、親友して関係が続いています。フワフワ先生のことは今でも感謝しています。

面倒見の良い先生と出会えてよかった

自分は神奈川県の伊勢原市に住んでいて、二人の子供がいます。二人とも同じ幼稚園に通わせました。幼稚園選びはインターネットを活用してとても慎重に選びました。保育園を奈良で見つけるのは大和高田で結局決定した幼稚園は、「伊勢原山王幼稚園」でした。最初に長男となる息子がその幼稚園に通うことになりましたが、その時に担当してくれた先生は、なんと1年目の新人の先生でした。しかも、伊勢原山王幼稚園の卒園生でもありました。最初は、評判の奈良で保育園を新人先生になってしまったのが、少々不安でしたが、その先生は新人なだけにとても熱意を持って保育活動をしてくれてました。息子の様子も、幼稚園バスの送り迎えの時間の短い中でいろいろと教えてくれたのが助かりました。先生は、息子が少々引っ込み思案であることに気付いてくれていて、息子が活動的になるように、熱心にフォローしてくれたのがよかったです。
一方、その2年後に長女が同じ幼稚園に入りましたが、その時にはベテランの先生でした。ベテランの先生は新人先生とはまた違う良さがあり、安心して娘を任せられました。娘は比較的マイペースで人の話を聞かないところがあるのですが、先生に相談したら、そのことについて注意深く見守りながら保育してくれたのが嬉しかったです。

卒園式で起きた感動のお話

娘の卒園式でのお話です。園児たちが入場し、ひとりひとり卒園証書を授与され、園長先生のとても為になるお話を聞き終わった後でそれは起きました。奈良の大和高田で口コミの保育園なら娘の通っていた幼稚園はとても子供たちには楽しい素敵な幼稚園なのですが、保護者の目線でもはきっり分かるくらい先生の間に派閥がありました。そして離職率もかなり高く、娘を受け持って頂いた先生方は残念ながら全員退職でいなくなるという悲しい状況でもありました。話題では奈良の保育園が一番とその担任の先生の中で、一番大好きだった先生、年少の担任だった先生は子供たちからも保護者からも好かれて本当に素敵な先生でしたが、派閥からのいじめで1年だけで退職されました。それから2年経った卒園式、いくつかの電報の中にそれはありました。きっといい思い出なんてないはずの幼稚園に祝電として先生から電報が届いたのです。名前を読み上げられた瞬間に保護者席からはすすり泣きする保護者が続出。卒園児たちの席からも我慢できずに小さなどよめきが。嫌な思いをしたはずなのに勇気を出して電報を打ってくださった先生には本当に感動しました。何より子供たちのことを本当に大事にしてくださっていたんだと改めて気づかされた瞬間で、感動的な卒園式がより一層心温まる嬉しい卒園式になりました。

気さくに子どもをハグしてくれる保育園の先生

“私の子どもが通う保育園は、特に特徴的なものもないけれど、安定的なごくごく普通の保育園です。
通っている子達は、保育園を奈良で見つけるのは大和高田で口コミは 朝は多世代がまざって保育をうけています。ゼロ歳の赤ちゃんがいれば、来年卒園のお兄さん&お姉さんも。
子供たちがたくさんいるなかで、先生は数名です。子供たちからすると、誰が先生の膝にのれるか、一緒に遊んでもらえるか、ちょっとしたバトルがあることも。
そんななか、うちの子どもは登園します。少し気持ちをためやすい性格で、嫌なことを嫌と言えない子です。いつものように登園すると、こどもたちの間に入るのがためらっていました。「行きたくない、でも行かなきゃいけない、でもやっぱり行きたくない…」そんな心境なのでしょうか。
そんなとき、いつもそっと近くに来てくれる先生がいます。先生が「○○ちゃん、ぎゅーしよ」と言うと、子どもはとことこと寄っていき、先生にハグをします。先生が「本当はお母さんと一緒にいたいよね。でも、頑張ってきたんだよね。」というと、子どもはポロポロ泣きながらうんうんと頷いていました。「○○ちゃん頑張るために、お母さんにお願いしたいことあるかな?」と先生が言うと、「…お母さんともぎゅーする」と。
子どもも無理しているのを承知で、感情を言葉にすることを助けてくれます。他の先生は、さっと子どもを見えないところに連れていくのですが、この先生はきちんとお別れをさせてくれます。色んな方針があるとは思いますが、うちの子どもに必要なことを個別的に考えてしてくださる姿に、いつもうるっときています。”

運動会での出来事です。

“ある運動会の日、天気は曇りでいつ雨が不安される日でした。案の定始まって直ぐに雨が降り出して来ました。保護者はみんな子供が濡れる事を懸念してました。奈良の保育園では大和高田で話題が それでも園児は皆、最後までやりたいと言っています。園庭は、みるみるうちはな水たまりになっていました。先生方は皆で力を合わせてら砂を運び園庭が使えるようにしてました
。その様子がとても胸にきました。”