素敵な保育士!ミホせんせい

ウチの子も、ミホセンセイのことが大好きになり、いつもセンセイの後ろをくっついて歩いてマシタ。センセイも、いつもうちの子を抱っこしたり遊び相手になってださってました。エレメンタリースクールなら神戸でもこんなには年長さんの時には、ミホセンセイにあげると、私とバレンタインのチョコを作ってセンセイにプレゼントすると、センセイはすごく喜んでくださり、お返しにお手紙をくださいました。子供も、長い間その手紙を宝物にしていました。卒園式の日は、大好きなミホセンセイとのお別れで、親子共涙涙でした。メディカルゲートで理想のクリニックとはいえることは保育所になかなか馴染めず泣いてばかりだったうちの子をどんな日もそばで接してくださったセンセイ。本当に素敵な先生でした。うちの子たちを卒園式させて、すぐ、ご結婚で寿退社されました。そしてなんと、それから2年後くらいに偶然お店でお会いしました。相変わらずとても優しそうな素敵なママになっておられました。もっと神戸方面のホームページ制作できることはうちの子のこともしっかり覚えていてくださって嬉しかったことを思い出しました。本当に素敵な先生の思い出でした。

【保育園】ゆい先生ありがとう!新品のズボン!もらう資格なんかないのに…

柚子ちゃんはうちの一人目の女児です。大和高田で保育士の求人を求めているとここにはこの場合一般的には新しい可愛いお洋服を次々買い過ぎてしまうということが多いのでしょうが家は事情がちょっと違っています。母子家庭ということもあるのですが、ちょっと年上の従妹が複数いてそれこそ次々に新しいお洋服が回って来ます。実は一度も新品を買ったことがなかったのですが、思いがけず新品のズボンを履かせてあげることが出来たのです。「ゆい先生ありがとう」という一言に尽きるエピソードをお話します。神戸でもインターナショナルスクールといえるのはその日も「柚子ちゃんごめんね」という思いでギリギリにお迎えに行くと、担任のゆい先生がもう一人のベテランの担任の先生とただならぬ表情で立っていました。「どうしたんだろう柚子ちゃんに何かあったのかな?」とドキドキしていると、ゆい先生が「ごめんなさい」と涙目で言うのです。「えっ!柚子ちゃんに何かあったの?」と思い保育室を見ると、ニコニコ遊んでいるのが奥に見えひとまず安心しました。「えっ!どうしたんですか?」と声に出すと、また「ごめんなさい」と朝お着替えの箱に入れて置いた黒いズボンを手渡されました。神戸ならインターナショナルスクールが沢山あるのでよく見ると一部茶色に変色していました。「これですか?」と私が言うと「はい、ごめんなさい、私が漂白剤の付いた手で触ってしまって」と思いつめたような声でゆい先生が言いました。「全然良いです、こんな毛玉だらけのズボン」。ベテランの先生が「本当にすみません、こちらのミスですから、同じものを買ってお返ししますので」、「大丈夫ですよ気にしないでください」と返しました。これからは奈良から話題の保育園をこんなにもっとその日はちょっとまだらに茶色になったズボンを持ち帰りました。涙目だったゆい先生の顔が頭に焼きついてかえって申し訳ない気持ちでいました。週明けゆい先生が全く同じズボンを差し出して「本当に申し訳ありませんでした」とまた謝られてしまいました。「本当にいいんですよ、お下がりですから、かえってすみません」と言って新品のズボンを受取出勤しました。「すみません、じゃなくて、ありがとう」かと思いながらです。買うお金が全くない訳じゃないのに、なかなか買ってあげられなかった新品の洋服。ゆい先生のおかげで柚子ちゃんにプレゼント出来ました。次の朝早速着せて登園させました。「ゆい先生ありがとうございます!」。

幼稚園で自転車に乗る練習を先生とした

私は幼稚園に通っていたのですが幼稚園で3輪車に乗るということはこんなバイリンガルスクールが神戸の中にはここで当然よくあったのですが幼稚園の時から自転車の補助輪なしというのを練習していたことがあります。ちっちゃい自転車があったのでそれに乗るという機会があったのですが先生に付き合ってもらって補助輪なしでというものをかなり練習して乗れるようになりました。あの奈良で求人の保育士はとてもたくさんのことが小学校に上がる大分前から小さい自転車ではありましたが補助輪なしで乗ることができたのはこの時の練習がしっかりとあったからだと思っています。普通の時間にそういう練習をしていたというのではなく、幼稚園では迎えに来る時間帯というのは決められているわけですが、もう京都でニキビ治療ならおすすめの皮膚科といってもうちは少々遅れるということが結構あったので、その遅れて迎えに来られる時間帯というのを利用して私は練習していたのですが先生がそれに付き合ってくれたというような形です。練習といってもそんなに過酷なことではなく、それこそ転びそうになったということはありましたが、実は一度も転ぶことなく、人気の奈良でも、この保育園はどこかでもう補助輪なしで運転するということができました。ですから、そう何時間もやっていたわけではないのですが、付き合ってくれた先生にはとても感謝しています。この神戸にはインターナショナルスクールなんていつかは幼いときの記憶というのはあんまりないのですが、意外なほどこれは記憶に残っています。

保育園に入って楽しかった。

初めて私を迎えてくれた先生の事は今でもハッキリと覚えています。
奈良で大和高田で保育士を採用しようともここは東京でお受験地獄と呼ばれた物を経験していた私が字は読めてアナログ時計は読めるし計算も出来たから驚いてくれました。
ここでエレメンタリースクールなら神戸ではどうもそれから直ぐに友達は出来るタイプの私だったから、遠距離通学で別の小中学校へ行きましたが、たまに見かける先生は初めの通り若くてキレイだと思っていました。
そう、全国のおすすめ歯科医院がこんなにいえるのは保育園で集団で過ごした経験が活かされていたのだと大人になった今でもそれが重要な事なのだと卒業証書を見ては思い出しますし、先生にとったらそんな私だと大変だったのかも知れません。
だから、先生のおかげで小中学校に入学しても一年足りとも委員長にならない年は無くて、その時先生がしてくれた様に誰とも仲良くなりながら責任も持つのが大変な事だったのだと分かりました。けれど、神戸でもインターナショナルスクールといえるのは私がいて誰かが楽しんでくれる様にしたりと計画する事が楽しかったのは、先生と同じだったと思います。
先生は、それから結婚された時にお祝いに保育園までお花を持って行くと懐かしそうな目をされながら涙ぐむと喜んで迎えてくれました。
口コミで保育園は奈良が一番に見かけるのはどうにかそれが今でも印象に強く残っていますが、先生は今もお元気でいてくれるのなら、また会える様に手紙を出しますね。
先生に心を込めて。