保育園の保護者役員会と先生たちとの役員会と会食。

私の行っていた保育園では保護者会と先生達との会食が年に3回以上ありました。まずは、役員が選出されて新体制になり入園式が終わってから、そして運動会や発表会が終わってから、そして送別会などです。多くはエレメンタリースクールから神戸ではというには行事では役員として様々なお手伝いをします。その打ち上げも込めてましたがメインは役員同士の交流、そして先生達と仲良くなることでした。特に会長が男性になった時はお酒も入り夜の会食でした。役員は母が多かったのですが、その日は子どもを旦那に任せて(これがまた良いのです)出来るだけ参加してました。胃カメラ検査で人気の芦屋のクリニックがここにもその場では子育ての悩みや旦那や妻の愚痴、そして先生に子どものことや園のことを相談するなどとても良い時間でした。先生も普段から親しみやすい方々でしたが一緒に美味しいものを食べながらさらに個人の人間性も見えたりして、その後も距離が縮まった気がします。保育園ですから役員会も夕方から行われることが多いのですが、その会にも先生達も参加してくれて園の様子を伝えてくれるので、大変だったけど役員になって良かったと思わされました。子育てをしながら仕事をする毎日で忙しくて悩みも多い仲間が集まり、園とも親しく役員会が出来る環境がある保育園で過ごせて良かったなと思っています。一緒に役員をした方々とはママ友として今でも親しく付き合っています。

もう退職かと思った先生が帰ってきた!

私の子供が在籍する小学校のクラス。今年で退職するということが決まっていた先生がいました。人気の保育園を奈良の大和高田でもここがとても学年の担任でもあり、最後まで先生生活を突っ走っていくのだろうと誰もが思っていたのです。そんな先生が最後の一年の夏、体調を崩してしまいました。そして学校が夏休みの間に入院してしまったのです。この神戸でインターナショナルスクールとなると少々私は学級役員からその話を聞いて、先生生活も最後なのに、子どもたちも学年途中で先生が変わるのか?と不安になりました。でもその時に一番不安だったのは先生だったでしょう。夏休みが終われば学校が始まる、体調回復に間に合うのか、生徒たちをそのままにはしておけないと不安が多かったと思います。そんな中、先生に関するうわさや情報が飛び交いましたが、結局夏休みが終わっても、先生が復帰することが出来なかったのです。私たちもそれほど体調が悪いなら、復帰は難しいのかな、先生も子として退職なのに、と思いました。神戸のインターナショナルスクールではここと先生は見事に復帰してきました。時間はかかりましたが、夏休みが終わり10月になって帰ってきたのです。その時の生徒の喜びようはすさまじいものでしたね。先生も生徒との再会を泣いて喜んでいました。そんな先生は3月まで勤務することができ、無事退職することが出来ました。評判の保育園を奈良の口コミで書き込むとどんなに先生は返ってくることをあきらめていたのですが、やっぱり先生。これほどうれしかったことはありません。