「幼稚園の先生に「絵の才能があるんじゃないかしら」と言われて嬉しかったです」

おはようございます。僕は30歳の男性です。職業としてはフリーランスとして活動しております。もう25年くらい前のお話になりますが、幼稚園の先生に言ってもらった言葉一番嬉しかった言葉とそのエピソードを書いていきたいと思います。それは幼稚園のお絵かきの時間の事でした。僕は自分の思うがままに絵を描く子供でした。こんなバイリンガルスクールが神戸の中にその絵が先生の目に入り、「●君。とても素敵。●君は絵の才能があるんじゃないかしら」と言ってもらいました。僕は嬉しかったのですが照れてしまい下を向いてしまいました。(笑)そして、その言葉が先生の本心だったのがわかりました。先生は僕の親に許可を取り地域の絵のコンテストに僕の絵をエントリーさせたのです。すると見事に入賞し、僕は賞状と金一封をいただいたことがあります。その後は、絵を描くことは辞めてしまったのですが、この時の言葉とエピソードは昨日のように覚えております。しかもこの間近所のスーパーで偶然にこの時の担任の先生に遭遇しました。あちらも覚えていてくれたようで30分ほど立ち話をしました。この時のエピソードを先生に言うと「そうね!懐かしい!そんなことあったわねぇ」なんてとても嬉しそうでした。今では幼稚園の先生を引退されたそうですが、NPO法人で子供たちの支援をしているとのことでした。これからも活躍して欲しいと思いました。

苦手だった犬と仲良くなれるように練習してくれた幼稚園の先生

幼稚園の先生というものは本当に良い人だったこともあり、ここでエレメンタリースクールなら神戸でも今でも印象深く思い出すエピソードが沢山あります。その中でも自分が感謝していることには、苦手だった犬と遊べるように練習をしてくれたことであり、やはり先生というものは凄いなと今でも思っています。当時の自分は幼いころに犬と遊ぼうとしたところ手を嚙まれた経験があり、犬が怖くなってしまいました。自分が通っていた幼稚園ではたまに犬が紛れ込んでくることもあり、自分はその度に大声をあげてしまいました。先生にも迷惑を掛けたと今では思っているのですが、そこで先生は犬と仲良くなれる練習をしてみようと提案してくれました。最初は絵本などで犬がどういう性格をしているかという話や、色々な犬のお話しをしてくれたのでそれは楽しかったです。犬が嫌いになってからは犬の絵本や話を全く読まなくなったのですが、段々と物語が楽しくなってくると犬に触ってみたいと思うようになりました。迷い犬は毎日やってくるわけではないのですが、他の園児の母親がたまに連れてくる犬にも協力してもらいやっとのことで触れるようになりました。犬は怖くないということを真剣に楽しく教えてくれた幼稚園の先生には今でも感謝しています。

豪放で優しかった幼稚園の先生の思い出

自分の幼稚園の先生の思い出は、随分と昔のものになってしまうのですが、保育園を奈良で見つけるのは大和高田でもどこでも未だにはっきりと覚えている思い出なので、よほど印象深いものなのだろうと実感しています。時代は昭和になるのですが、ある日自分は、自由時間にブランコで遊んでいて、何を間違ったのか落っこちて怪我をしてしまいました。そのときに、座り台に足をこすったようで、擦り傷から結構な出血がありました。神戸もインターナショナルスクールと呼べるには小さい子どもでしたから、怪我の痛さよりも、血がたくさん出たことに驚いて、大泣きしてしまった記憶があります。すぐに先生が気が付き、抱き上げて事務室に連れて行ってくれました。今の時代なら、すぐに病院とか大げさな話にでもなるかもしれませんが、当時は骨折でもしない限り、幼稚園の先生がなんとかして、間に合わなければ親が引き継いで自分たちでなんとかしたものです。自分の怪我も、出血ほどは程度は深くなかったようで、洗って消毒してもらったら、あとは大きめの絆創膏を貼っておしまいといった感じでした。それでも、泣いてしまったからでしょうか。どこの神戸でもインターナショナルスクールはとその後もずっと先生は自分の隣から離れずに、他の園児たちの様子を見ながら、自由時間を過ごしていました。記憶に違いがなければ、預かり時間を過ぎて、母親が迎えに来るまで、ずっとそばにいてくれました。泣き虫だった自分は、ちょっと恥ずかしさを感じながらも、安心感を覚えていたことを、今でも思い出せます。奈良では保育園の話題を聞くとなるとここがもう名前も忘れてしまった幼稚園の先生の思い出ですが、時々思い出す、恥ずかしいながらも暖かかった、幼いころの体験です。

幼稚園の先生の赤ちゃん

この4月から入園して幼稚園よ年少組の息子がいます。どんなにバイリンガルスクールが神戸の中にも活発でサハサバとした先生で、子供たちはすぐに大好きになりました。初めての幼稚園生活も、沢山サポートして頂き親子揃って新生活に慣れてきたとき、先生の妊娠を知りました。こんなに奈良で大和高田の保育士を求人でも先生からの報告は子供たちに先にあったようで、帰宅してから何となくお腹に赤ちゃんがいる、ということを教えてくれました。先生のお腹が段々と大きくなっていくことに子供たちも気付き、皆で名前はどうするの?とか男の子と女の子どっちかな?などと話をしているのが聞こえてきました。そして、神戸ではインターナショナルスクールの学校は先生のお腹には赤ちゃんがいるから重いものは持てないね、などとどこから聞いたのか年少さんにも関わらず気遣う様子まで見られるようになりました。大好きな先生と離れてしまうことはあまり理解しきれていないですが、赤ちゃんが産まれてくる嬉しい気持ちはちゃんと持っていて微笑ましい気持ちになりました。これからは奈良から話題の保育園を探すには先生が産休の間に来てくれる新しい先生も早めに来てくれ、気持ち的にも安心感がうまれたようで落ち着いて通うことができています。皆で大きくなっていくお腹をなでたり話をしたり、同じ気持ちになってドキドキできるとこは素敵なことだと思いました。