先生が手作りダンボールギターで弾き語りライブ!?

息子のクラスには明るくて元気のいい先生がいました。求人の保育士は奈良から大和高田で見つけるには先生から「息子くんは、教室にあるダンボールで作ったギターがお気に入りでよく弾くマネをして遊んでいます。」と聞きました。それを聞いた大工の主人がお休みの日に、家でもダンボールで手作りギターを作ってあげました。職人なので、細部までこだわりかなりのクオリティーに仕上がりました。話題では奈良が保育園のことを調べると家でも作ったんだよと息子から聞いた先生がお迎えの際、「見たい!ぜひ園に持ってきて!」とおっしゃったので次の日に持っていくと、「こんなに素敵なギターをお父さんが作ってくれたなんて、エレメンタリースクールなら神戸でもこんなにすごい!感動したぁ!」とそれを持って弾き語りしながら息子を引き連れて各教室を周り、最後には園長室に入っていって、「〇〇くんのお父さんが作ったギターです、素敵でしょー!お父さんは大工さんです」と紹介してくれたのです。先生の勢いに圧倒され、ついて回るので精一杯だった私たち親子。神戸にはインターナショナルスクールなんていつかは恥ずかしがり屋の息子は少し照れ臭そうでしたが、とても嬉しかったと思います。仕事から帰ってきた主人に様子を伝えると、「その先生、サイコーだな!そういう人好きだなー」ととても嬉しそうでした。お父さんの手作りギター、大きくなっても覚えていてくれるかな?先生のおかげで忘れられない思い出になりました。

子供だけではなく私の心配もしてくれた保育園の園長先生

私が離婚をしていた頃の話です。仕事に忙しく、ストレスも相当溜まっていた頃、娘の迎えの際に園長先生から声をかけてもらい、少しお話する機会がありました。こんなに人気の奈良でも大和高田で保育園がもしかしたら、娘がシングルマザーが影響してお友達にいけないことをしているとか、不安定な様子だとか話をしてくるものかと思ったら、私の心配でした。神戸でもインターナショナルスクールといえば担任の先生に、娘が私がずっと働いているから心配だと言ったらしく、担任の先生は娘のことをしっかり見るので、もし何かあったら園に必ず相談してくださいということでした。それは、口コミすると奈良の保育園でもどこもかしこも社交辞令でもなく、本当に心配してくれるようで、月末など仕事が忙しく、娘を迎えに行くと、10分延長してくれて担任の先生が娘と遊んでいる間に、私は園長室でお茶をいただき、最近の話を聞いてもらう時間が度々ありました。その時間に当時は、何度も救われました。娘が年長さんになった頃、当時付き合っていた男性と再婚することになりました。すぐに園長先生に紹介しました。神戸でもインターナショナルスクールといえるのはとても嬉しいと喜んでくれました。それからは、旦那さんと協力して娘を育てていくことになりましたが、私が迎えに行っても、旦那が迎えに行っても、時には私がシングルマザーとして頑張っていた頃にお茶をいただいてホッとした時間を作ってもらっていたように少し休憩を挟むようです。連れ子再婚だったので、私には相談出来ないこともきっと園長先生には相談出来たのかなと思い、どんな話をしたかは聞くことはありませんでした。卒園式の時は、娘以上に、私と旦那が大号泣だったのは言うまでもなく・・・。子供をあの園のあの先生たちに見守ってもらい、過ごせたことは、私達家族にとっても幸せでした。