バレンタインデー

幼稚園の年長さんの時のことです。年長さんともなると、女の子も男の子もちょっとマセてきてバレンタインデーがとっても気になるお年頃のようでした。評判になっている大和高田の保育園は通っていた幼稚園は、そんなにうるさくなかったのでチョコについての注意も無く、バレンタインデーが近づくにつれて女の子たちは「誰にあげる?」なんて盛り上がり、男の子たちはソワソワドキドキという感じでした。うちの息子はどちらかというと大人しい方でしたが、私も特にチョコについて気にもせず・・・いよいよバレンタイン当日。朝、幼稚園へ行くと、口コミから奈良で保育園が良いと何やら下駄箱がいつもより騒がしくなっていました。見ると、数人の男の子の下駄箱にチョコが入っていたとか。「誰からだよ~!」なんて男の同士がワイワイ盛り上がっています。息子の下駄箱には、もちろん何も無し。その時初めて、私は「みんながもらえて、うちの子だけもらえなかったらどうしよう」と心配になってきました。息子は何か感じていることがあるのか、無言で上履きに履き替えてお教室へ。私も普段通りの振る舞いで息子と一緒にお教室へ。先生に相談しようか、とも思いましたが、過保護かもしれないと迷い、結局そのまま普段通り、息子をお教室へ置いて帰宅しました。
その日は一日気が気ではなく・・・息子がキズついているのではないか、心配で仕方ありませんでした。お迎えの時間になり、すぐに幼稚園へ。お教室へ行くと、息子がニコニコして出てきました。いつも通りのニコニコを見て安心半分、話を聞きたい半分。帰り道、息子が言うには「バレンタイン、もらった!」と。小さな袋に入ったチョコを大事そうにカバンに入れて持って帰ってきました。
後から聞いた話で、下駄箱にチョコが入っていたのはクラスの半分の男の子たち。残りの男の子たちには、先生たちがそっとかばん置きのロッカーにチョコを入れてあげたそうです。そんなわけで、クラスの男の子全員が無事にチョコをもらえ、息子にとってもバレンタインは嬉しい思い出になりました。先生たちの気遣いに感謝です!

自分の体験を語ってくれる幼稚園の先生

年少の娘がいます。4月に近所の幼稚園に入園以来、娘は毎日幼稚園で習う歌を歌い、どんな工作をしたのか、誰がどんなことを言ったのか、評判の奈良でも保育園はどこにもひたすら詳細を話してくれ、毎日が楽しそうです。そんな娘をある日、サプライズのつもりで覗きに行ってみました。運よく、園庭でクラスの子ども達と遊んでいるところでしたので、物陰から様子を見守っていました。自分の娘は積極的で少し行動的すぎる面があると感じていましたが、その日は一人で隅っこでしょんぼりしていました。家で話している楽しい雰囲気とは違うため驚きました。求人の保育士は奈良から大和高田で家に戻って話を聞いてみると、「あそぼ」と言ってみたけど「ダメよ」とお友達に言われたため、悲しくなってしまったそうです。4才と言えどもしっかりとグループを作りがちな女子の世界が存在していました。同時に、家で楽しそうに話している姿としょんぼりしている姿にギャップを覚え、幼稚園の先生に夫婦で日頃の話を聞いてみたところ、幼稚園の先生は自分の体験を踏まえて詳しくお話をしてくださいました。先生は、幼稚園の頃はお友達に意地悪されても叩かれても、何も言えず、黙っているタイプの子で、お家の方にも素直にお話できなかった。あるときお母様にバレて、強くなるよう毎日毎日諭されたそうです。そんな自分の体験から、意地悪されて落ち込んでいる子を励ましたり、言い訳する意地悪な子が甘えてくるときにも可愛さに騙されないように自分を奮い立たせているとのことでした。意地悪して怒られる子が先生に甘えてくる、ということをしっかりと見極めてらして安心できるなと、少し嬉しくなリました。