卒園式で起きた感動のお話

娘の卒園式でのお話です。園児たちが入場し、ひとりひとり卒園証書を授与され、園長先生のとても為になるお話を聞き終わった後でそれは起きました。奈良の大和高田で口コミの保育園なら娘の通っていた幼稚園はとても子供たちには楽しい素敵な幼稚園なのですが、保護者の目線でもはきっり分かるくらい先生の間に派閥がありました。そして離職率もかなり高く、娘を受け持って頂いた先生方は残念ながら全員退職でいなくなるという悲しい状況でもありました。話題では奈良の保育園が一番とその担任の先生の中で、一番大好きだった先生、年少の担任だった先生は子供たちからも保護者からも好かれて本当に素敵な先生でしたが、派閥からのいじめで1年だけで退職されました。それから2年経った卒園式、いくつかの電報の中にそれはありました。きっといい思い出なんてないはずの幼稚園に祝電として先生から電報が届いたのです。名前を読み上げられた瞬間に保護者席からはすすり泣きする保護者が続出。卒園児たちの席からも我慢できずに小さなどよめきが。嫌な思いをしたはずなのに勇気を出して電報を打ってくださった先生には本当に感動しました。何より子供たちのことを本当に大事にしてくださっていたんだと改めて気づかされた瞬間で、感動的な卒園式がより一層心温まる嬉しい卒園式になりました。

気さくに子どもをハグしてくれる保育園の先生

“私の子どもが通う保育園は、特に特徴的なものもないけれど、安定的なごくごく普通の保育園です。
通っている子達は、保育園を奈良で見つけるのは大和高田で口コミは 朝は多世代がまざって保育をうけています。ゼロ歳の赤ちゃんがいれば、来年卒園のお兄さん&お姉さんも。
子供たちがたくさんいるなかで、先生は数名です。子供たちからすると、誰が先生の膝にのれるか、一緒に遊んでもらえるか、ちょっとしたバトルがあることも。
そんななか、うちの子どもは登園します。少し気持ちをためやすい性格で、嫌なことを嫌と言えない子です。いつものように登園すると、こどもたちの間に入るのがためらっていました。「行きたくない、でも行かなきゃいけない、でもやっぱり行きたくない…」そんな心境なのでしょうか。
そんなとき、いつもそっと近くに来てくれる先生がいます。先生が「○○ちゃん、ぎゅーしよ」と言うと、子どもはとことこと寄っていき、先生にハグをします。先生が「本当はお母さんと一緒にいたいよね。でも、頑張ってきたんだよね。」というと、子どもはポロポロ泣きながらうんうんと頷いていました。「○○ちゃん頑張るために、お母さんにお願いしたいことあるかな?」と先生が言うと、「…お母さんともぎゅーする」と。
子どもも無理しているのを承知で、感情を言葉にすることを助けてくれます。他の先生は、さっと子どもを見えないところに連れていくのですが、この先生はきちんとお別れをさせてくれます。色んな方針があるとは思いますが、うちの子どもに必要なことを個別的に考えてしてくださる姿に、いつもうるっときています。”

運動会での出来事です。

“ある運動会の日、天気は曇りでいつ雨が不安される日でした。案の定始まって直ぐに雨が降り出して来ました。保護者はみんな子供が濡れる事を懸念してました。奈良の保育園では大和高田で話題が それでも園児は皆、最後までやりたいと言っています。園庭は、みるみるうちはな水たまりになっていました。先生方は皆で力を合わせてら砂を運び園庭が使えるようにしてました
。その様子がとても胸にきました。”